初めてのお客様へ

国産のブルーベリーはどう選ぶべき?買って良かったと思えるための秘訣とは

世の中には数えきれないくらいの食べ物がありますが、たくさんの人に好かれ、しかも体にも良いとされているものがあります。

それがブルーベリーです。

ブルーベリーを買おうと思ったときに、最寄りのスーパーマーケットなどに足を運ぶことでしょう。

しかし、場所や時期によってはブルーベリーが陳列されていないことのほうが多く、インターネットでの購入を検討するわけです。

そこで今回は、国産のブルーベリーはどう選ぶべきなのかをお話しますので、参考にしてみてください。

■国産のブルーベリーはどこで収穫できるの?

ブルーベリーとひとくちに言っても、日本や外国などさまざまな場所で育てて収穫できます。

ブルーベリーは、北アメリカが原産地と言われています。

北アメリカでは昔からブルーベリーを食用として愛用されてきましたが、時代は進み20世紀になると更なる改良がほどこされました。

ブルーベリーが改良されたことで、さまざまな種類のブルーベリーが栽培されるようになり、私たちのもとへ届くようになりました。

ちなみに、外国の主な産地は、アメリカやオーストラリア、ニュージーランド、チリなどが該当します。

では、日本国産のブルーベリーはどこで生産されているのでしょうか。

日本では、1960年代にアメリカから輸入をして東京都で栽培がスタートしました。

その後、長野県をはじめ群馬県や新潟県、山梨県、宮城県などで生産されるようになりました。

また、東日本だけではなく西日本でも、滋賀県や兵庫県、愛媛県などの高原地帯でブルーベリーが栽培されています。

国産に関して言えば、長野県がブルーベリーの最大の産地と言ってもいいでしょう。

■国産で美味しいブルーベリーの選びかたとは

国産のブルーベリーを買うのであれば、できるだけ美味しいものを選びたいのではないでしょうか。

しかし、初心者であればどのブルーベリーを選ぶべきなのかが解らないものです。

もし、美味しいブルーベリーを探す場合は粒が大きくて白い粉が吹いているものを探すべきと言えます。

〇白い粉の正体はブルーム

もし、食べ物に白い粉がついていたとしたらどう思うでしょうか。

普通に考えると、腐っていたりカビていたりするのかなと考えて捨ててしまうのかもしれません。

しかしブルーベリーに関していえば、それはあてはまりません。

ブルーベリーに白い粉がついていることをブルームと言いますが、このブルームがついていれば新鮮なブルーベリーと言えます。

なぜならブルーベリーそのものが乾燥を防ぐために、ブルームを分泌するからです。

つまり、ブルームが確認できれば新鮮で完熟のサインですからとても美味しいという特徴があります。

また、ブルーベリー同士がぶつかったり輸送時にブルームが取れてしまったりすることも多いため、しっかりついていればとてもいい感じのブルーベリーと言えます。

■ブルーベリーには収穫の時期がある



国産のブルーベリーは、基本的にオールシーズンで販売しているわけではありません。

つまり、違う時期に新鮮な国産ブルーベリーを探したとしても、なかなか見つけられない可能性があります。

国産のブルーベリーは、だいたい5月頃から収穫され7月ころにピークを迎えます。

ですから、その期間であれば最高の国産ブルーベリーを召し上がることができます。

また、ブルーベリーは冷凍でも美味しいためオールシーズンでも楽しむことができます。

■ブルーベリーを美味しく食べるためには?



ブルーベリーを食べたいと思ったときに、そのまま生で食べるのもいいですが他にはどのような食べ方をすればいいのでしょうか。

〇皮ごと食べるのがおすすめ



ブルーベリーをシンプルに素材そのものの味を楽しむのであれば、皮ごと生で食べることをおすすめします。

ブルーベリーをそのまま食べることで、ダイレクトに味を楽しめますし、なにより実と皮に栄養素がつまっているため健康にもいいというメリットがあります。

〇王道のブルーベリージャムにする



ブルーベリーをたくさん買いすぎて、食べきれないこともあるでしょう。

かといってそのまま長く保存しておくことも難しいので、何かに使えないかと考えるわけです。

そんなときにはジャムにするのがおすすめです。

ジャムときくと、作りかたが難しそうに聞こえますが材料も少なくとても簡単に作れます。

〇ちょっとおしゃれにドライブルーベリー



ブルーベリーを長持ちさせたい、と思ったときにおすすめなのがドライブルーベリーです。

ブルーベリーはとても繊細なこともあり、保存期間が長くなればなるほど味が落ちてしまいます。

そうならないようにドライブルーベリーにすることで、長持ちさせることができます。

また、ドライブルーベリーにすることによって水分が抜け、よりうまみや甘みを感じられるようになります。

〇冷凍ブルーベリー



夏になると口のなかに、冷たいものが欲しくなるはずです。

そんなときには冷凍ブルーベリーがおすすめです。

冷凍ブルーベリーは、よく洗ってキッチンペーパーで水分を取り、容器に入れて保存します。

できれば、小分けにしてあげることで空気が触れにくく、しっかり保存できます。

■ブルーベリーは健康に良い



みなさんは、ブルーベリーといえば健康に良いというイメージをお持ちではないでしょうか。

それでは、ブルーベリーがどのように健康に良いのかをお伝えします。

〇ブルーベリーは目に良い



ブルーベリーと言えば、目に良いという印象があります。

ブルーベリーは、アントシアニンという成分が入っており、それが目に良いとされています。

アントシアニンはほかのベリー類にも含まれていますが、どの果物よりも含有量が多いため、より目に良いと言われています。

しかし、ブルーベリーの元祖のアメリカでは、スーパーフードという位置付けにいるため、目以外にもさまざまな健康効果が期待されています。

スーパーフードとは、ほかよりも栄養価が高い食べ物のことを表します。

たとえば、人間にとって大切な心臓や脳などに良い影響を与える可能性があります。

言語や記憶などの認知機能をアップさせ、健康的に年を重ねていけると多くの研究で報告されています。

また、ブルーベリーに入っているポリフェノールによって疲労回復要素も備わっているという特徴があります。

つまりブルーベリーは目だけではなく、私たちの体にとって助けとなる果物と言えるでしょう。

■国産のブルーベリーなら「ブルーベリー農園 森の畑」へお任せ



国産の美味しいブルーベリーをお探しなら、森の畑へお任せください。

森の畑では、長野県で最高に美味しい国産のブルーベリーを販売しています。

また、ブルーベリーをいつまでも新鮮に保つためにブルームを損なわないよう、丁寧に扱っています。

ですから、最高に美味しくて新鮮なブルーベリーをみなさまに提供いたします。

■国産のブルーベリーまとめ



国産のブルーベリーをお探しなら、ブルーベリー専門店の森の畑にお問い合わせください。

国産のブルーベリー果実をはじめ、ジャム、コンポート、ジュースなど、あらゆるブルーベリーの商品を取り扱っています。

森の畑では、無農薬で農薬を一切使用せずに栽培しているため、安心して召し上がることができますので、ぜひご利用ください。

森の畑のブルーベリーが超大粒な理由





『森のサファイア』とは「森の畑」で採れたノーザン・ハイブッシュ系の大粒完熟ブルーベリーのことです。寒冷な地域で育つノーザン・ハイブッシュ系のブルーベリーは、温暖な地域で育つサザン(南部)・ハイブッシュ系やラビット・アイ系の品種に比べ、大粒で果皮が薄くジューシーなことで知られる最高品質のブルーベリーです。

全世界に400種類以上あるブルーベリーの品種の中でも、ブルーベリーの原産地アメリカでは大きさ・品質ともに優れた優良品種としてビッグセブン(Big Seven)と呼ばれる7つの品種が選定されています。

コビル(Coville)、バークレイ(Berkeley)、アーリーブルー(Earliblue)、ブルークロップ(Bluecrop)、ハーバート(Herbert)、ブルーレイ(Blueray)、コリンズ(Collins)、これら7つの品種すべてがノーザン・ハイブッシュ系ブルーベリーとして分類されており、「森の畑」の自社農園で中心的に育てられている品種群です。

この中でも最も酸味と甘味のバランスが取れた美味しい大粒の品種であるブルーレイ(Blue Ray)とブルークロップ(Blue Crop)が農園の年間総生産量18トンのうち70%以上を占めています。

【500円玉サイズの超大粒も】



収穫される果実の平均的な大きさは直径17mmととても大きく
、中には500円玉(26.5mm)を超える直径27mm超えの超巨大サイズのブルーベリー果実も存在します。果実の平均糖度は13~15度と市販されているブルーベリーの糖度8~12度に比べ、甘み・大きさ共に比類ないものとなっています。

※2Lサイズは直径20mm以上 / Lサイズは直径17mm以上 / Mサイズは直径13mm以上です。



大粒の最高級ブルーベリー果実『森のサファイア』が作られる背景には、私たちの最高品質に対する飽くなき情熱と挑戦があります。受粉を助けてくれるミツバチ たちも農園敷地内で養蜂をし、自然の生命たちも「森の畑」のスタッフの一員として共に最高品質を目指しています。

ここでは、私たちの品質に対するこだわりのいくつかをご紹介致します。

【こだわりその1】

徹底した冬場の選定作業


落葉した晩秋から冬の間、ブルーベリーの木は休眠に入ります。私たちは冬場に剪定(せんてい)作業を行い、古くなった枝や無駄な枝を刈込み、若々しく元気な少数の優良な枝をのこし樹形を整えます。そして一本一本の枝にある花芽の数を調整します。これにより枝に養分が十分行き渡るようになり、元気な蕾(つぼみ)が成長します。この冬場の剪定作業の良し悪しにより、夏に収穫するブルーベリー果実の品質の8割を決めてしまうと言っても過言ではありません。私たちは雪と寒さの中で、毎日の徹底した剪定作業を通し品質管理を欠かしません。

【こだわりその2】

綿密丁寧な春先の摘花作業


春、開花を迎えたブルーベリーは一つの蕾(つぼみ)から5つ以上の花を咲かせ、その花が果実へと成長します。冬場の剪定作業で調整できなかった花の量を調整します。この作業を摘花(てっか)といい、 あえて咲き始めた花を摘み取ります。 花の数を限定することで残した果実に栄養分を集中させて夏には大粒のブルーベリー果実へと育ちます。こうして、もともと大粒として知られるサイズの果実をさらに大きな「ひと粒」に実らせることができます。

【こだわりその3】

ポット栽培による厳密な栽培管理


お日様と水と土は植物にとって命です。「森の畑」では約8,000株のすべての成木を管理の行き届いたポット栽培をしています。ポット栽培は、地植え栽培と違い、果樹の成長に応じてポットの位置を変えながら果樹どうしの間隔を調節することで、より多くの日光が当たるようにしています。また一本一本の果樹にきめ細やかな水の管理と土と堆肥の管理が行われています。

【こだわりその4】

果実の鮮度に配慮した摘み取り


6月、初夏の収穫期を迎えると、熟練したスタッフが果実の糖度が高い早朝に一粒一粒、丁寧に摘み取りをします。ブルーベリーの果実は夜溜め込んだ糖分を昼の日光によって分解し成長に使います。早朝に摘み取ることによってその成長に使われる糖分がまるごと凝縮された状態で収穫をすることが出来ます。  

【こだわりその5】

ブルームを損なわない選果作業 


採れたてのブルーベリーには果皮のまわりに白い粉のようなものがついています。これは、ブルーム(果粉)と呼ばれ果実が自分を保護して乾燥を防ぐために分泌する成分です。ブルームが付いていることは新鮮さの証であり、ブルームを損なわないように丁寧に選果作業を行っています。



私たちの作り出すブルーベリーは、『森のサファイア』の名に負けない珠玉のサイズと完熟の甘みをあわせ持つ自信作です。蒼く輝く宝石のような気品をもつ『森のサファイア』は真夏の食卓にすがすがしさを運んでくれます。みなさまのお手元に「森の畑」の最高品質のブルーベリー果実が届くよう、責任を持って選果し梱包しています。

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
  • あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
    お買い物でランクアップ!
  • あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入で
    ランクアップ!

カート:

__ITM_CNT__/__ITM_TOTAL__
あと、__REMAINING_FREE_SHIPPING__送料無料 送料無料

おすすめ商品


夏季限定の大粒大粒ブルーベリー「森のサファイア」です。
生ブルーベリーは8月までの販売となります。ジューシーな果実をぜひともお楽しみください!

代表からあなたへ

店長紹介

こんにちは!代表の松田です。

当サイトでは、ブルーベリー農園 森の畑で一粒一粒大切に育てあげた「森のサファイア」ブルーベリーをメインに販売しています。

農園の様子をインスタで配信していますので、覗いてみてください。そして長野にお越しの際にはぜひ遊びにいらしてください!
店長日記はこちら >>

SNS

ブルーベリー商品

限定商品

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 生ブルーベリー通常販売

ページトップへ